スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒部ダム(くろべダム)

黒部ダム(くろべダム)は、富山県中新川郡立山町、黒部川水系黒部川に建設されたダムである。ダムに貯えられた水を利用している発電所が黒部川第四発電所(黒四)であることから、黒四ダム(くろよんダム)とも呼ばれる。

日本を代表するダムの1つであり、富山県東部の黒部川上流に建設されたアーチ式コンクリートダム。発電に利用する水を確保することを主目的として関西電力によって建設された。ダムの高さ(堤高)は186mで日本一を誇り、現在でも破られていない。総貯水容量は約2億tで北陸地方屈指の人造湖黒部湖(くろべこ)を形成する。総工費は建設当時の費用で513億円。これは当時の関西電力資本金の5倍という金額である。作業員延べ人数は1,000万人を超え、工事期間中の転落やトラック・トロッコなどによる交通事故等による殉職者は171人にも及び、いかにダム建設工事が苦難を極めたのかがうかがえる。

前述のように、「黒四ダム」の別称もあるが、関西電力では、あくまでも「黒部ダム」であるとしている[1]。また、日本ダム協会によれば、「黒四ダム」の名は仮称として用いられ、後に正式名称が「黒部ダム」と決められたとしている[2]。完成時には世間一般には黒四ダムと呼ばれていたが、最近では黒部ダムという呼ばれるようになっている。

黒部ダムが建設された地点は黒部川の水量も多く、水力発電所設置に適した場所であることは大正時代から知られていた。ただ、第二次世界大戦などもあり、黒部川の開発は下流の仙人谷ダムおよび黒部第三発電所にとどまっていた。戦後、高度経済成長期を迎えると電力不足が発生し、関西地方では停電が頻発した。その事態を受け、関西電力の代表取締役(当時)太田垣士郎は1956年、戦前に調査(一割強程度)・計画・設計は実施したものの、開戦以降お蔵入りとなっていた黒部ダム建設事業を急遽たちあげた。それは、同社の社運をかけた一世一代の大規模プロジェクトであり、近畿(関西)地方への電力供給ひいては経済活動の命運がかかっていた。黒部ダム建設にあたって工区を5つに分割し、それぞれに異なる建設会社が請け負った。
第1工区…間組
黒部ダム、取水口、導水トンネル、大町トンネル(現・関電トンネル)、御前沢渓流取水工事。なお、ダム工事総括責任者は間組の中村精である。
第2工区…鹿島建設
骨材製造工事。
第3工区…熊谷組
関電トンネル、黒部トンネル、導水路トンネル工事。
第4工区…佐藤工業
黒部トンネル、導水路トンネル、調圧水槽、トラムウェイ・ロープウェイ工事。
第5工区…大成建設

水圧鉄管路、インクライン、黒四発電所、変電所開閉所、放水路、上部軌道トラムウェイ・ロープウェイ工事。
黒部ダム建設工事現場はあまりにも奥地であり、初期の工事は建設材料を徒歩や馬やヘリコプターで輸送するというもので、作業ははかどらず困難を極めた。このため、ダム予定地まで大町トンネル(現在の関電トンネル)を掘ることを決める。しかし、破砕帯から大量の冷水が噴出し、死者が多数出る大変な難工事となった。別に水抜きトンネルを掘り、薬剤とコンクリートで固めながら(グラウチング)掘り進めるという、当時では最新鋭の技術が導入され、トンネルは貫通し、工期が短縮された。2006年時点での土砂堆積率は14%であり、ダム本体の耐久性とあわせて考えると、これからも約250年はダムとして機能するとみこまれている[3]。

ダムから川へ放水する際に霧状にしている。これは放水の勢いで川底が削れてしまうのを防ぐためである。当ダムでは110mの高さから毎秒10トン以上の水が放流 されていて、その巨大な力によって川底が大きく削れると、ダムの運営に影響を与える可能性があった。

ダムから川へ放水する際に霧状にしている。これは放水の勢いで川底が削れてしまうのを防ぐためである。当ダムでは110mの高さから毎秒10トン以上の水が放流 されていて、その巨大な力によって川底が大きく削れると、ダムの運営に影響を与える可能性があった。

『プロジェクトX~挑戦者たち~』 [編集]
2001年、黒部ダム建設の模様がNHK総合テレビジョンの人気ドキュメンタリー番組『プロジェクトX~挑戦者たち~』にて紹介された。この影響は大きく、2002年末のNHK紅白歌合戦では、中島みゆきが同番組のテーマ曲『地上の星』を歌った。ただし、歌った場所は黒部ダム内部ではなく、施設としては一体の黒四発電所の、関西電力黒部専用鉄道「黒部川第四発電所前駅」構内のトンネル内である。中島とスタッフは放送のために発電所に宿泊した。関係者によれば、中島には会議室を提供していたという。


滞在時に使用と称する食器類が地下発電所にしばらく展示されていた。
映像化されてはいないが、山崎豊子の小説『白い巨塔』でも、主人公・財前五郎が金沢市での学会の帰りに黒部ダムを訪れている。一般に公開されていない場所も、財前は関西電力(実名で登場)の案内で足を踏み入れている。
今日、建設時の模様を(再現含め)映像として見られるものとしては上記のプロジェクトXのビデオ・DVDや、記録映画『くろよん-黒部川第四発電所建設記録』(1963年)などがある。同作品は完全版はくろよんロイヤルホテルの館内放送で、ダイジェスト版は黒部ダムレストハウス3階にて「くろよん物語」として常時上映されている。また、黒部ダムオフィシャルサイトでもインターネットを通じてダイジェスト版を6章に分けて見ることができる[4]。

2009年3月にはフジテレビが『黒部の太陽』のハイビジョン・テレビドラマを放送した。同年4月4日~5日、黒部市で映画の完全版が上映された。見比べて、テレビも良かった、あるいは十分、という人もいた。
また、昭和初期を舞台とした鉄人28号 (2004年版アニメ)の最終エピソード(21~26話)は、黒部ダム建設が人間の手では困難となった事によってロボットによる黒部ダム建設が行われるというストーリーが主軸となっており、最終的に黒部ダムの底には鉄人28号の残骸が存在する事になっている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

お気に入りボタン

カテゴリ
最新記事
YAHOO!オークション
樂天市場
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ ブログランキング
リンク集
Yahoo!通販
『情報』のお宝
『情報』の泉
RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
SEO
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • 無料SEOツール
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。